新潟ARS NOVA協会

【所属アーティスト】小武内 茜(ファゴット)

akane_obunai

Akane Obunai

新潟県立新潟中央高等学校音楽科卒業、武蔵野音楽大学器楽学科卒業。
平成23年度武蔵野音楽大学卒業演奏会に出演。
2012年11月、ファゴット奏者マルコ・ポスティンゲル氏マスタークラス受講。
2013年・2015年に小澤征爾音楽塾オーケストラ・プロジェクトⅡ、オペラ・プロジェクトⅩⅢ・ⅩⅣに参加。
またサイトウ・キネン・フェスティバル・松本にて「子どものための音楽会」、「青少年のためのオペラ」に参加。
ファゴットを西川高司、故山本茂夫、伊達博、岡崎耕治の各氏に、室内楽を岡崎耕治、吉岡アカリの各氏に師事。
現在東京都・新潟県を中心に演奏活動を行う他、後進の指導にあたる。
文化庁主催「文化芸術による子供の育成事業~派遣事業~」に参加。
平成28年度 桐朋学園大学音楽部 嘱託演奏員および、武蔵野音楽大学 演奏補助を行う。
楽団「新潟ARS NOVA」メンバー。

メンバーページに戻る

サイト内検索

News

風景旋律vol.13(公演日が2020年6月12日に変更されました)

風景旋律vol.13(公演日が2020年6月12日に変更されました)

『木の温もりの音楽』と映像のコラボレーションコンサート

管打楽器アンサンブル with 品田真彦 vol. 1 (2020年2月10日)

管打楽器アンサンブル with 品田真彦 vol. 1 (2020年2月10日)

新潟ARS NOVAの木管楽器・金管楽器・打楽器メンバーにピアノを加えたアットホームなコンサート。小さな会場ならではの親しみやすさと迫力をお楽しみください。

東北電力・新潟日報スクールコンサートの動画

東北電力・新潟日報スクールコンサートの動画

スクールコンサートのインフォマーシャルが東北電力様の公式YouTubeで公開されています。演奏動画ページのリンクからご覧ください。

夏休みファミリーコンサート(2019年7月26日)

夏休みファミリーコンサート(2019年7月26日)

日本の江戸時代、ヨーロッパでは音楽が目覚ましく発展しました。その時代の代表的な作曲家の曲を、岡田龍之介氏の指揮と新潟ARS NOVAの熱い演奏でお届けします。

新潟日報文化欄に小武内氏が登場

新潟日報文化欄に小武内氏が登場

本日(令和元年5月2日)の新潟日報朝刊の文化欄に「にいがたの気鋭」として当会所属アーティストの小武内茜氏が紹介されました。小武内氏は本県を代表するファゴット奏者として県内外で演奏活動を行っておりますが、今年度から新潟市民文化会館(りゅーとぴあ)の「アウトリーチ事業」の講師として、訪問コンサートなどを通じて市民の方々に音楽芸術の素晴らしさを伝えていく活動に参画することになり、記事でも触れられています。同事業では、芸術の世界は能力(実力)を競う世界であるとの考えのもと、選抜(オーディション)によるアーティスト登録制度を採用しています。当会からはヴァイオリン奏者の加藤礼子氏(第一期登録アーティスト)に続いて二人目の登録となります。

事務局

contact@niigata-arsnova.org
新潟市中央区新和1丁目6-20
(にいがた音楽の森内)
電話: 025-367-3089